VB (2) - 変換.tokyo | henkan.tokyo

テスト記事

ノートパソコン office付き ! Corei5 × 新品[SSD120GB or HDD500GB] おまかせ パソコン 《 Gold Class 》 Windows10 ・大画面 15.6インチ ・ Core i5 ・4GBメモリ ・ wifi ・ DVD ・ win10 ノートPC !! Win7 【中古ノートパソコン】【送料無料】【中古】 - 中古パソコンのロケットスタイル
ノートパソコン office付き ! Corei5 × 新品[SSD120GB or HDD500GB] おまかせ パソコン 《 Gold Class 》 Windows10 ・大画面 15.6インチ ・ Core i5 ・4GBメモリ ・ wifi ・ DVD ・ win10 ノートPC !! Win7 【中古ノートパソコン】【送料無料】【中古】 - 中古パソコンのロケットスタイル


【38%OFF】遺伝子検査キット【GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス2.0)】遺伝子 検査キット/自宅でできる遺伝子検査( DNA検査 ) - GeneLife
【38%OFF】遺伝子検査キット【GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス2.0)】遺伝子 検査キット/自宅でできる遺伝子検査( DNA検査 ) - GeneLife




by カエレバ


by カエレバ


by カエレバ


by カエレバ


by カエレバ


by カエレバ







【VB】指定したファイルやフォルダが存在するか確認する

  
【VB】指定したファイルやフォルダが存在するか確認する

・指定したファイルが存在するか確認する場合は、File.Existsメソッドを使用します。

System.IO.File.Exists(ファイルパス)
という形になります。


・指定したフォルダが存在するか確認する場合は、Directory.Existsメソッドを使用します。

System.IO.Directory.Exists(フォルダパス)
という形になります。

File.Existsメソッド・Directory.Existsメソッドともに、存在する場合にはTrueを返します。


VBフォルダ存在Exists

■サンプルコード
Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
Dim FName As String = TextBox1.Text

If System.IO.Directory.Exists(FName) = True Then

Label1.Text = FName & "が見つかりました。"

ElseIf System.IO.File.Exists(FName) = True Then

Label1.Text = FName & "が見つかりました。"

Else

Label1.Text = FName & "が見つかりませんでした。"

End If

End Sub

【VB】指定した文字数まで空白を入れる


■【VB】指定した文字数まで空白を入れる

・文字列の先頭・末尾を空欄(スペース)で埋める(詰める)には、PadLeftメソッド・PadRightメソッド を使用します。

文字列.PadLeft(文字数) 
文字列.PadRight(文字数) という形になります。


VB文字空白詰めPadLeft


■サンプルコード

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
Dim Text1 As String = TextBox1.Text

Label1.Text = "「" & Text1.PadLeft(20) & "」"
Label2.Text = "「" & Text1.PadRight(20) & "」"

End Sub

【VB】文字列配列を連結する


【VB】文字列配列を連結する

・文字列配列の各要素を連結してひとつの文字列として取り出すには、Joinメソッド を使用します。

文字列.Join(区切り文字, 文字列配列, [開始インデックス,] [連結する要素数]) という形になります。


VB文字列配列連結Join


■サンプルコード

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click

Dim TextArray() As String = {"abc", "def", "ghi"}

Label1.Text = String.Join("-", TextArray)
'Label1.Text = String.Join("", TextArray) ’区切り文字を使わないとき

End Sub

【VB】画像の明るさ・色彩を設定する


■【VB】画像の明るさ・色彩を設定する

・関数Brightenを使用すると、画像を明るくしたり暗くしたりすることができます。


■サンプルコード

'対象の画像
'明るさ。-255〜の範囲で指定。
'明るさが設定された画像

Private Function Brighten(ByVal Source As Image, ByVal Alpha As Integer) As Bitmap

'◆引数のチェック
If IsNothing(Source) Then

Throw New NullReferenceException("Sourceに値が設定されていません。")

End If


If Alpha < -255 OrElse Alpha > 255 Then

Throw New ArgumentException("Alphaは-255 から255 の範囲で指定してください。")

End If


'◆Sourceのイメージをそのまま描画
Dim g As Graphics
Dim SourceImage As New Bitmap(Source.Width, Source.Height)

g = Graphics.FromImage(SourceImage)
g.DrawImage(Source, New Point(0, 0))


'◆Sourceのイメージの上に白い(黒い)長方形を重ねる
Dim MyBrush As SolidBrush

If Alpha > 0 Then

'白い長方形を作成

MyBrush = New SolidBrush(Color.FromArgb(Alpha, 255, 255, 255))

g.FillRectangle(MyBrush, Source.GetBounds(GraphicsUnit.Pixel))

Else

'黒い長方形を作成
MyBrush = New SolidBrush(Color.FromArgb(-Alpha, 0, 0, 0))

g.FillRectangle(MyBrush, Source.GetBounds(GraphicsUnit.Pixel))

End If

Return SourceImage

End Function

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


・関数Emphasizeを使用すると、画像の赤、緑、青の任意の色を強調(または弱化)することができます。

'Emphasize
'赤、緑、青の色を強調します。
'元となる画像を指定します。
'-255からの範囲で赤の強調度を指定します。
'-255からの範囲で緑の強調度を指定します。
'-255からの範囲で青の強調度を指定します。
'処理後の画像を返します。
'R, G, Bに等しい値を設定すると画像の明るさを調節できます。

Private Function Emphasize(ByVal SourceImage As Image, ByVal R As Integer, ByVal G As Integer, ByVal B As Integer) As Bitmap

Dim X As Integer
Dim Y As Integer
Dim NewR As Integer
Dim NewG As Integer
Dim NewB As Integer
Dim BMP1 As Bitmap '効果適用前の画像
Dim BMP2 As Bitmap '効果適用後の画像
Dim C As Color

BMP1 = CType(SourceImage, Bitmap)
BMP2 = New Bitmap(BMP1.Width, BMP1.Height)

For Y = 0 To BMP1.Height - 1
For X = 0 To BMP1.Width - 1

C = BMP1.GetPixel(X, Y)

'R, G, Bの値が〜の範囲に収まるように調節します。
NewR = RGBRange(C.R + R)
NewG = RGBRange(C.G + G)
NewB = RGBRange(C.B + B)

BMP2.SetPixel(X, Y, Color.FromArgb(NewR, NewG, NewB))

Next X
Next Y

Return BMP2

End Function

'*********************************************************

'RGBRange

'値を0〜255の範囲になるように調節します。
'調節前の値を指定します。
'調節後の値を返します。この値は必ず0〜255の範囲内です。

Private Function RGBRange(ByVal Value As Integer) As Integer

Select Case Value

Case Is < 0

Return 0

Case Is > 255

Return 255

Case Else

Return Value

End Select

End Function

'*********************************************************

'PictureBox1の赤を強調する

Me.Cursor = Cursors.WaitCursor

PictureBox1.Image = Emphasize(PictureBox1.Image, 50, 0, 0)

Me.Cursor = Cursors.Default

'*********************************************************

'PictureBox1の画像を少し明るくする

Me.Cursor = Cursors.WaitCursor

PictureBox1.Image = Emphasize(PictureBox1.Image, 50, 50, 50)

Me.Cursor = Cursors.Default 

'*********************************************************